代表挨拶・沿革
TOP > 代表挨拶・沿革

MESSAGE

代表挨拶

日本には築年が経った家を取り壊し、新しい家を建てるという慣習があります。これはバブルが弾けリーマン・ショックを経験した現在も続いていますが、早川不動産グループは既存宅に時代に合った付加価値を備え再生させていくことで不動産の活性化を図っています。
不動産の活性化は地域の活性化にも繋がり、街の発展を支えていけると信じております。
住まいの夢を実現していただくため、時代の先を読み、市場から今後求められるサービスは何か考え、あらゆる角度から見た提案をさせていただきます。
私の責務は時代の変化に適応する俊敏性・柔軟性を兼ね備えた行動力のあるスタッフが創造的に仕事に取り組める環境作りです。おかげさまで早川不動産グループは創業41年を迎えます。今後も継続的な成長をするため情報収集、研究・分析、挑戦をして参ります。

HISTORY

沿革

昭和54年8月

屋号早川不動産で創業

平成3年11月

可児市清水ケ丘に社屋建設

平成9年1月

社名株式会社早川不動産で法人化

平成13年10月

多治見市住吉町に多治見支店開設

平成20年10月

株式会社早川不動産多治見店として独立開業

平成30年4月

多治見市宝町へ移転